忍者ブログ
名前は『あんず』下半身麻痺。里親さん決まりました・祝!!



  プロフィール
 ■あんず■


 ■管理してる人■
名前:揚羽(あげは)
性別:女
誕生日:197X年5月12日
住処:埼玉県
  最新記事
  カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  最新コメント
[12/02 高原 秋叶]
[10/28 千代純子]
[10/25 高橋貴美恵 ]
[10/10 bag881]
[09/23 上野 由紀]
[09/23 伊藤 由美]
[07/18 安美]
  メール
blackapricot●mail.goo.ne.jp

●の部分を@に変えて
件名は「あんずボー」でお願いします
  ブログ内検索
  あんずを見てくれた人
  アクセス解析
[1] [2]
2017/08/19 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/24 (Mon)

というわけで。
だいぶ遅くなりましたがご報告です。

 

10月某日正式なごあいさつへ。

 

あんずのお気に入りスポットのある部屋は、
足腰への負担を考えて段差を増やし、クッション材を置き、
床にもカーペットを敷き詰めてあんず仕様にしてくださっていました。
あんず、えらい愛されてるなぁ。シミジミ。

 

めったにない来客に興奮したワンコたちの声にビビり、
ほかのにゃんズと共にあんず逃走。

 

というわけでしばらくお試し中のあんずの様子を聞いたり
ほかの猫ちゃんたちのお話をしたりしてしばしまったり。
場が落ち着いてきたころに圧迫をして頂きました。

 

最後私が確認したのですが、おしっこもうんこも
きれいにしぼり切れていました。
本当に驚くべき上達ぶりで
私の出る幕まったくなし、です(^ω^;)

 

本当にお上手になっていたので
「ここまできれいに出せてるなんてびっくりしました。
すごいですね。もう完璧ですよ!」
ってお伝えしたら、満面の笑みですっごくうれしそうに喜んでくれました。
うんうん。よーく分かります、その気持ち。

 

圧迫OK、あんずもすっかり先住さん達にとけ込んでるし
もう何も言うことはありません。
正式な譲渡書にサインを頂き、最後のごあいさつです。

 

心の中で「幸せにね」と言いながらあんずをだっこしたら
ガリガリの小さな体を抱き上げたあの日から
今までのいろんな思い出がフラッシュバックして。。

 

…思わずぼろぼろ泣いてしまいました。

 


「これからの一生、どうかお願いします」って
ちゃんと言おうと思ってたのになぁ…
後生の別れでもないのに最後の最後に泣くなんてねー。。

 


初めてのハンディにゃんこ、
慣れない圧迫排泄、連日の獣医通い、実家の問題…
大変な時期もあったけど、
それだけにあんずへの思い入れは格別だったんですよね。

 

一生引きずったままだと言われた足が
どんどん回復していって、誰よりも早く走れるようになって、
その命の強さにどれだけ励まされたことか。

 

圧迫排泄しておむつをつけて
「終わったよー。今日もいい子だったね」ってなでなですると
「ありがとー」と言わんばかりに顔をペロペロなめてくれる、
そんな日常の一コマにどれだけ癒されたことか。

 

助けたつもりが本当に助けられていたのは
お礼を言いたいのは私の方。
始めにうちを選んでくれて、
今まで一緒にいてくれてありがとうね。






新しい家族と記念撮影。
デジカメ忘れて微妙にブレ気味の携帯画像なのはご愛敬…(;´ロ`)アウ
でも大切にされて幸せそうな雰囲気は伝わりますよね。

 

あんず、本当に良かったね。
これからは、優しい里親様ご夫婦と仲間のみんなと共に
平和で楽しい人生がおくれるよう心から願っています。
ずーっとずーっとずーーーーーっと!お幸せに、ね。

 

今まであんずと私の事を見守ってくださった皆さま。
募集に関する更新はこれで最後です。
でここをどうしようか考えたんですが残すことにしました。

 

あんずのこれまでの募集日記はひとつにまとめて
今後里親様からお便りを頂いたら更新して、
基本はハンディにゃん関連のリンク集、になるかと。

 

暇を見てぼちぼち改造していきます。
今まで以上に動きのないブログになりますが
たまーに覗いてくれたらうれしいです。


閉鎖するわけではありませんが、
これにてひとまず終了!


ありがとうございました!!!

PR
2008/10/03 (Fri)



ついに!!


正式なお申し込みを頂きました!!!





あんずはすっかりワンコにも慣れ、ほかのにゃんズともうまくやってるようです。
室内行動が自由になってお気に入りのマイスポットも見つけて、
面倒見の良いお姉さん猫にかわいがってもらってるそうですよ。


ネット上で募集活動を始めてから約1年と3ヶ月、
あんずにも私にもいろいろありましたが
やっと、やっと、幸せをつかむ事ができました。


後日、正式譲渡書を持ってお伺いしてきますので、
その様子をお伝えするのが最後の更新になるかと思います。



初めての本格的な里親募集活動は不安がいっぱいでしたが
それを乗り越え、こうして里親さまとのご縁に巡り会えたのは
皆さまの暖かい心がいつも私を支えてくれたからです。


長きにわたり、たくさんのご協力ご声援、
心より深く深く感謝いたします。
本当にありがとうございました!!!!!



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※リンクのご協力頂いているサイトさま※

お手数ですがリンクの解除お願いします。
連絡先やメールフォームがあるサイトさまには
後日、改めてごあいさつに伺います。

長いあいだ、貴重なスペースお貸し頂きありがとうございました。
2008/09/22 (Mon)

お待たせいたしました。
あんずのお試し途中経過報告です。


えー、ひたすら順調。ほんとに順調。
順調以外なんて言ったらいいか分からないくらい順調w


あんずは攻撃性もないし、神経質でもないし、
新しい環境も先住猫さんへのなじみも問題ないとは思ってましたが。



 


早くも先住さんとのラブラブ2ショットきちゃいましたよ!!
いやいや、ここまで早いとは思いもよらなんだ。
この茶トラの子が若者グループのリーダー格で、
お試し2日目にして「ヘイ彼女!一緒にあそばな~い?」
ってケージ越しにあんずをナンパしてたらしいですw


先住さんたちはみんな猫見知りしないそうで(うちとどエライ違いだ…)
こうやって気さくに受け入れてくれるからあんずのなじみが早いんでしょうね。


うちでもあんずといちばん早く仲良くなったのが茶トラのナッツだったし、
あんずは茶トラの子と縁があるのかも。


で、いちばん心配だったのがワンコ。
なにせあんずの下半身麻痺の原因は犬に噛まれたからでは、って事だったし
うちでも通りに面した窓際で昼寝してて外から犬の鳴き声がしたとたん
そっこうで室内側に逃げてたから本当に心配だったんですよ。








…ハイ、ぜんっぜん余裕ですねー。くつろいでますねー。

右の画像なんて

あんず「まだ慣れてないんだからー。気を遣ってくれたまえよー。分かっとるのかね?」
ワンコ「……あいすいません。。(-ω-)シュン。。。」
って見えるんですけど?w


このぶんならケージなしの2ショットが見れる日も近い気がします。
いやー良かった良かった(^ω^)
2008/09/15 (Mon)

本日は良いお知らせがあります。

13日から、あんずがお試しに入りました。
お問い合わせを頂いたのはだいぶ前なのですが、
こちらから返信したのは前回更新時。


それから何度かメールでいろいろとお話させて頂いて、
めでたくお試しに入るはこびとなり、13日、お届けに行ってまいりました。


先方さんは大の動物好きで在宅時間も長く、
お人柄も家庭環境も申し分ない、優しくてとても良いご夫婦です。
事前にかかりつけの獣医さんのもとで圧迫排泄を教わって、
先住さん相手に毎日練習してくれていました。
お届け当日、私からもご指導させて頂いたのですが、ご夫婦そろって
熱心に練習してくださり、お話も真剣に聞いてくださいました。


おうちも脱走防止策完璧、上下運動が十分できるように工夫されてて
猫ちゃんがグルグル駆けずりまわってましたw。
先住さんは複数の猫ちゃんワンちゃん。みんな仲良しで、
あんずと年の近い遊び盛りの若い猫ちゃんズもいてすっごく楽しそう。
私に姿を見せてくれた子はどの子もふくふくしてて身ぎれいで、健康管理も行き渡り、
とっても大切にされてるんだなーと思いました。


とうのあんずはキャリーから出しても家具の隙間に隠れ、
圧迫の練習の時は立て膝の私の股ぐらに顔をつっこみガクブルしっぱなし
(まあ仕方ないですね;)
あんまりきれにはまってるもんだから奥様に
「へー。いつもこんな風に顔を股にはさんでやってるんですか?」
ってマジ質問されて大爆笑しました(違います!w)


私が帰る時も緊張してケージ内でガッチガチに固まってたので
もう心配で心配でたまらなかったのですが、
連日頂いているご報告&写メを見る限り、すでに緊張のやまは越えた様子。
ケージ内で手足を伸ばしてくつろぎ、もらったおもちゃで遊んでる画像頂きました。
今日はケージから出てお部屋探検、先住さんの近くに行って自分からごあいさつしたそうです。


圧迫の方は、排便に苦戦しながらも前向きにチャレンジしてくれてます。
どんな様子か、どのくらい出せたか、事細かくご報告くださるのがまたありがたい。
まあ、すぐお近くになじみの獣医さんがいるそうですし、
うちからは電車で20分くらいと近いのでいざとなったら私が出張することもできるし、
あまり不安に思ってはいません。

引き続き、アドバイスを交えつつ連絡をとりあい、こちらでもご報告したいと思います。



↓↓お試し前日、うちでおしり洗いのあと乾燥するまでケージ待機中のあんず。


2007/08/23 (Thu)
8.22

あんずが帰ってきました。
今日の午前中に迎えに行ってきました。

19日の日記にあるとおり、おむつ関係のことがあって
20日に用意をして、それを持って21日に直接お会いしてお話をしました。


お話しを聞きながら多忙きわめるKさんのお宅では
あんずのお世話を続けていくには無理があるかな、
という印象が強く、今回は見送ることになりました。


一人暮らしでフルに働いている方でも圧迫排泄に慣れるまでの期間を
乗り越えられれば大丈夫だと思っていますが、
Kさんの現在の生活状況ではそれすらも厳しいと思いました。


今回、短い間ながらもKさんは非常に誠意をもって私とあんずに接してくれました。
が、やはり気持ちだけではどうにもならない事もあるし、
例え無理をとおして今を乗り越えたとしても将来的な不安要素を残しては
里親探しの意味がありませんからね。。


お問い合わせ頂いた当初から分かってはいたのですが、
それでもやってみたい、という熱意があり里親さんとしても申し分ないお人柄でしたので非常に残念です。



結果的にはご縁に至りませんでしたが、こちらとしても良い経験ができました。
今回の事をふまえつつ、また募集活動を続けていきますので
引き続きよろしくお願いします。
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *